俺たち寄せ集め 第白期

男性4気筒エンジンのアカペラバンド「俺たち寄せ集め」のホームページ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

俺たち寄せ集まって、飲み会。

先日のライブからほぼ一ヶ月。
「大仕事」の後始末やらブツの受け渡しやら・・・じゃいっそ飲み会にしちゃいましょー、ということで新宿。
8日のライブに向けて、練習を始めたこの場所に戻ってきた感じ。当日受付の大役を引き受けてくれたS夫妻もお誘いして。
練習がないので、正味で酒飲みを楽しむ、ダメダメな俺(たち?)です。どっちが本来事業なのだいったい。

飲みながらの話題は、ライブ後から今日までの、それぞれの近況報告など。

俺以外のメンバー全員、なんらかの形でがらくた座に関わっており、11月に大きな本番を控えていることもあり、俺は裏話(?)をたくさん聞かせてもらった。

俺たち寄せ集めの演奏は録音で聞くと、確かに俺と舟の声が、どっちの声部だかわからなくなることがある。音域的にはもちろん、彼の方が高いのだが。何せ「明日」では、オリジナルの平原某(女声)よりさらに1全音も、キーをあげていたりするくらい。

そうはいっても声(というか身のこなし?)にはキャラの違いがあるみたいで、先日のライブで演奏した曲どもも、譜読みの段階では一旦ふたり、交替でリードを歌って試してみたりする。そんな「別バージョン」も、聴きたかったなぁ、と桃子サン。

実はそれこそが光法と真司さんが「俺たち寄せ集め」結成の際に目論んでいた「ツートップ編成」、だったらしく。

舟には若者らしい人懐っこさがあり、俺の歌い口にはどうやら「人を寄せ付けない影(毒?)がある」らしい(^^;・・・わはは、よく見てるよなぁみんな。

場所を変えて二次会、当然帰宅は深夜2時。

タクシーの後部座席で、よりによって真司さんと孝成の間に座ってしまい、オトコ同士の肌触りってこんなに気持ちわりーもんだったか、などと・・・。
(この項、文章の使いまわしですみません。誠)

スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ZILCONS」初体験!(2010/8/24)


自分達の初ライブが終わってしばらく日常に戻っていたのですが、そろそろ何か刺激がほしいな~と珍しく前向きな気分に(笑)

で、以前から噂を聞いていた大人なアカペラバンド「ZILCONS」さんのライブを聴きに四谷三丁目へ。

若い方のライブより、諸先輩のこなれた音を求めるのは、自分が年上好きだから…
では勿論無く、何となく自分がこれから歌いたい歌やスタイルを探したいからなのかも知れません。

さて、うだるような蒸し暑さの中、会場に到着。
そのライブハウスのドアを開けると…

・白ずくめのおっさん
・赤いドレスにウエストポーチ(!)の女性
・茶髪ロン毛に赤いスリムパンツの酔ったおっさん
・いなせな着物の女性
・黒Tシャツ兄ちゃん
・アロハ&ジーンズのおいちゃん

などなど…

…えっと…

店員さん、頼むから、はよビール持ってきて(涙)

知ってる人が誰も居なくて一寸緊張していたのもあり、自然と酒は進む訳です(汗)


前半の「満緑全席」さん。
ボーカル付きの爆音系バンド。
着物のボーカルが昭和歌謡や演歌を絶唱する後ろで、ロックだなんだと(詳し
くない:汗) 色々なジャンルの曲を重ねる想像を越えたアレンジですっかり異次元トリップ。

好き嫌いはあると思うけど、自分は好きな曲が多く、楽しかったです。
キャンディーズとか意外すぎ(笑)


そして後半は、「ZILCONS」。
全員グラサン、恐いんですけど(汗)

なんだか暑さを倍増するようなだる~いトークで開始。
すぐさま二人が生ビール、一人がウイスキーロックを追加(汗)


最初数曲はぶっちゃけ粗い。
なのに、なんていうか、声の力がすごい。
マイクもって4人で戦ってるみたい。

特に女性の声が高いのも低いのも良く通る。

ちなみにこの方、事あるごとにジョッキを高々と掲げて、
「暑い夏に、乾杯っ!」
…ってドス効いてるんだが(汗)

本人たちも話していましたが曲が進むにつれて、だんだんとまとまり始め、最後の方はものすごい存在感でした。

振り付け(しかもCute)のある曲もあり、多種多様なジャンルにまみれて、笑いが絶えずまたビールが進む。
飯も食ったし、件の「乾杯!」に煽られてジャカスカビール飲んだので、お会計は、一寸ビックリなことに(汗)

かな~り楽しかったので是非また伺います。

(ふ)
ライブレポ | コメント:6 | トラックバック:0 |

「解散」ライブ終了~。

昨日は、たくさんの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました。
演奏する側としては、予想外にうれしい悲鳴でしたが、予想外だっただけにお客様に窮屈な思いをさせてしまったのではないかと、ちょっと心配です。

そんな中、ゲストバンドとして、我々には望むべくもない(できない)、爽やかな演奏で会場を魅了していただいたDAN&AYAさん、ありがとうございました。

また、会場であるネクストサンデーのスタッフの方々、急なお願いであるにも関わらず受付担当を快く引き受けてくれたS夫妻・・・やるほうは「解散」ライブ、とかほぼ思いつきでぶちあげておいて、縁の下役はすっかりお任せしてしまいました。みなさんのご協力あっての、盛会だったと思います。
こころよりお礼申し上げます。

今回とりわけPAでは、つい我が儘をいって、「ベースにコンプがかかるといいかもなぁ」などとうっかり呟いてみたところ、「かけてみましょうか?」といっていただき、一同「ええっ!?」・・・。おもいがけずとても贅沢な音になっておりました。
調子にのって冒頭、思いつきで叫んでみたのですが、これは後でDVDなんか見ちゃうと本人赤面・・・思いつきは思いつき以上のものではありません、ハイ。
それにつけても音量バランスは安心してお任せできたので、ついつい個人的にはオーバーアクションになってしまうのでした。
曲間の会話も自然体でいられたのが、何より、だったかな。日ごろの練習でも、メンバー間で交わす会話は、あんなもんです実際。
唯一の衣装ともいえるTシャツについて、誰も突っ込んでくれなかったので、2ステでは真司さんの熊Tに俺が突っ込みを入れてみました。まぁ衣装なんてどーでもいいんですけどね。いわゆるオシャレでかっこいいアカペラ・バンド、とは全く無縁なので俺たち(俺だけ?)。
2ステの一曲目では、コンガなんぞも使ってみました。
どうせ楽器もってくんなら、ということでアカペラのくせになぜか必要以上に荷物が多かった年長組2名ですが、実はウチアゲでDanさんのギターと3曲ほどセッションさせていただきました。これだけのためにわざわざ楽器持込みました(本番でもないのにね)。そのウチアゲでは俺寄でも本日のプログラムから一曲、披露させていただきました。既に全員、かなりの酔っ払いでしたが。

ステージ上では最後の曲で、全員揃って歌詞がトびまして、すみません。客席から失笑をかったわけですが、そこからどうも、テンポがむちゃくちゃ加速を帯びていったようです。
俺にはそんなさなか、なぜかステージ照明に照らされた、ふと見たメンバーの横顔が、スローモーションに見えて、おお、これはもしかしてあの世からのお迎えが・・・(酸欠!)・・・じゃなくて、ああ、これで(今日は)終ってしまうんだなぁ、と。
なんかちょっとしんみりした気分になっておりました。

こんないつもどおり終始どたばたでしたが、会場で一緒に3時間にわたるライブをつくりあげてくださったお客様に、改めて感謝です。
ご来場、ありがとうございました。

メンバー全員、またしばらくの間はそれぞれ別々に音楽活動しておりますが、
引き続きみなさまのなまあたたかいコメント(><)、お待ち申し上げております。
(ただいま「再結成」ライブ開催へのいいわけも、絶賛募集中です・・・・・・)
(誠)
ライブレポ | コメント:9 | トラックバック:0 |

やってきました!


サウンドチェック終了♪
いや~もうすぐ客入れです。

ドキドキです(汗)

阿佐ヶ谷は人出も増えてきましたよ。

ではまた圏外へ。

冷え冷えのビールと一緒にお待ちしています!
ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |

さて

いよいよ本番当日です。
なんとかなるんでしょうか。
まあなんとかなるというか、なるようになるでしょう。

ご来場お待ちしております。
しつこいようですが、会場周辺は混雑が予想されますので、
時間に余裕を持ってお越しください。
(光)
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。