俺たち寄せ集め 第窮期

男性4気筒エンジンのアカペラバンド「俺たち寄せ集め」のホームページ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無伴奏ならくがき-楽譜というもの

先日、フェイスブックの方にふねサンが、


アレンジは、常に変更、修正を続けているため、もはや、オリジナルの楽譜を見ても歌えない曲があります(汗)


と、内情を暴露(!)しておりました。
おいおい、本来楽譜って、誰が演奏しても再現されるために作られたものじゃ、ないんかいっ!・・・とお叱りを受けそうですが、楽譜に文字や記号で記載できる表現にも、限界があります。
そもそもクラシック音楽などでは、楽譜どおりに演奏できることがまず要求されるわけですが、本来そこがスタートライン。楽器を操る手やブレスのコントロールが楽譜どおりにできるようになったその上で、それを演奏のカタチにするには演奏者の解釈や個性が加わるものです。
歌の場合は元々が古来から、文字通り「口伝え」だったはずで、記録方法を持たなかった多くの「歌」は後継者が絶えたまま消えていったものと思われます。その中で何世紀もにわたって、かなりの精度で演奏を再現することが可能な「楽譜」という記録方式は、録音機がなかった時代の発明として、それ自体かなり優秀なものではありますが。
1173636_527925557276457_530463618_n.jpg

さて「俺寄せ」の場合、真司さんや俺が楽器バンドの経験者ということもあってか、一応譜面通りに唄えるようになるかなり早い段階で、「色づけ」しちゃってます。さすがに配布される楽譜が(楽器バンドのように)リードシート(メロディとコードしか書いてないもの)、ということはないですが。

どういう風に楽譜から離れていってしまう(笑)かというと、
キーを変える
バンドメンバーの音域に合わせて、上下させます。一番高い音が出ないのでキーを楽譜より下げる、というのが普通だと思いますが、内声がちょうどチェンジの音域にかかるから、ということで変更する場合も多いです。また、メンタル的にどうしても全員が上ずる、などという場合、譜面より半音高くして演奏すると安定する、という場合もあります。
数少ない、女性がリードの曲に関してはリードボーカルに合わせて都度変更しています。因みに、女性がひとり入るだけで、それまではリードが聞こえないのも厭わない大声で歌っていた俺たちの演奏形態が「豹変」してしまうのは、みなさんご存知の通り。
一方、これが男同士の場合、結成当初は、キーが変更・確定となった譜面が再度配られたりしていたのですが、そういえば最近はありませんな・・・。

アドリブ・パート(ソロ)がある
このケースでは、真司さんの譜面には「一例」として記載されていることが多いです。
私の手書き譜の場合は、「Solo」としか書いていない場合が多いです(笑)。とりわけ、(元・ChuChuChuファミリーの)いっぽと一緒に歌っていた頃の譜面だったりする場合、ベース・パートもルート音が白玉で書いてあるだけ、ということも・・・。
リードが個別にフェイクをかますパターンも、これの類型でしょうか。

リズムを変える
そもそも、アレンジの目先を変えるのに一番効果的なのが、コレ。ただ、ボイパがいない我々の編成だと、音とともにパターンを変えなければならなくなるベースが一番、ワリを喰いますね。

「白玉」を動かす
複数のパートで和音を鳴らしている間、音が同じだからって全音符をただ伸ばしている必要はありませんよ。ブレスとブレスの間で強弱をつけていいんです。
また俺の場合、二分音符で動くような場合に、ちょっとフェイクを入れたりもします。あくまで他のパートに迷惑をかけない範囲で、ですけど。

5声⇒4声へのアレンジ譜の場合は、音そのものをその場で変えることも
リードボーカル以外の音は、ハーモニーが乖離しすぎているようなら、その場で変更します。実際に声で鳴らしてみると、随分と思っていた音と違うことがあります。特に、曲の流れの中で聞いてみると、改めてある部分だけが突出して聞こえてしまう場合などで発動(?)されます。
エンディングのコード(やパート配置)を変えちゃう、なんてことも時々ありますね。


で、こうして書き始めてから考えているわけですが、このハナシ、オチがありません。
どうしたものか・・・。
こうした「俺寄せ方式」の場合、練習の場で4人揃って「せーのっ」で創っていくので、一見、練習効率は悪いです。
ただ、逆に事前に個人でやっておくこと、できることは少ないです。だって、丁寧に練習してくればくるほど、4人揃ったときに変更されちゃいますから(TT)
(誠)

スポンサーサイト
練習ちょ | コメント:2 | トラックバック:0 |

大阪ライブのSet List

そんなわけで、大阪ライブは大成功。75名のお客さまで満員御礼。ありがたや。

今回の演奏曲目はこんな感じでした。

When The Saints Go Matchin' In (Barbershop)
Faith (arr. Makoto Ichikawa)
Straighten Up And Fly Right (as sung by Cadence)
Could You Believe (as sung by Vox One)
I've Got Life (Take 6)

Close To You (arr. Shinji Iizuka)
 ☆Guest Vocal : Yuka Miyaji from S☆J

Do You Hear The People Sing? (Barbershop)
Brahms's Lullaby (as sung by The Hi-los)
さくら (as sung by Jammin' Zeb)
Birdland (as sung by Maybebop)
What A Nite! (as sung by 鯛茶ヅケーズ)

20130803always


あとは打ち上げで、
リクエストを受けて「月とナイフ」…まぁ、飲んでたし、練習してないなりの出来でしたw

来月のライブはこれらの曲目を中心に、
さらに新ネタ旧ネタを盛り込んだラインナップになる予定。
乞うご期待。
(光)
ライブレポ | コメント:2 | トラックバック:0 |

大阪ライブ、無事?終了しました。

あ~、俺が映りこんじゃってるじゃないですか!
https://www.facebook.com/oreyose?hc_location=timeline

というわけで、なんか日本のまん中でのライブ、みたいな満員御礼。
みなさまには、想定外なことだったとはいえ窮屈な思いをさせてしまった上に、(こちらはいつも通り)暑苦しい演奏ですみませんでした。

個人的にはびっくりな懐かしい方々が、それぞれ遠路かけつけていただき、久しぶりに大緊張(^^; なステージでした。
本当にありがとうございました。
またこんなあたたかい本番が、できるといいね。

末文になりましたが、この度はありがたいお誘いいただき、また会場側のスケジュールから手配まで奔走していただいたS☆Jのみなさま、本当にホントに、感謝です。ありがとうございました。
(誠)
ライブレポ | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。